物語の用語
ホームページ素材は「幻想素材サイト First Moon」さまからお借りしました


★登場人物は
こちら
★リンクはこちら
★トップページはこちら


「対の世界」
この物語ではすべての世界に「対の存在」があり、
お互いを支えあって存在しているという設定です。
支えあうだけでなく、
対の世界の危機がもう1つの世界の多かれ少なかれ
影響を受けてしまいます。
「人」にも対の存在があり、元は一つの魂であったので
影響を受けやすいです。


「トゥイン」
私たちの世界(主人公・真守の世界)の対の世界。
剣と魔法の世界ですが「魔法科学」として化学も存在します。
いくつのかの国があり、
その中心のある「レニアム国」が今回の舞台。
この国はこの世界で大切な存在であり、
すべての人々の心のよりどころです。
(私たちの世界で言うとバチカン市国のような国)
それはこの国の「姫」の祈りで世界が支えられているから。
「姫」は役割であり、レニアム国自体は大統領制です。


「ガーディアン」
漢字で書くと「守護騎士」。
レニアム国の姫を守る7人の騎士(光、闇、土、火、水、木、金)のこと。
この世界は姫の祈りで支えられていますが、
ガーディアンがいることも必要です。
そのため強い意志を待ち、魔法力も高い者が
選ばれます。
ガーディアンでいる期間は決まっていなくて
その人にもより、
長い人では現在の土のガーディアン・グランのように
20年近く役目を背負っている人もいます。
基本選ばれるのは
「魔法学校」の新しい卒業生(だいたい16歳から18歳前後)ですが
+メンバーの年齢をばらばらにするため、
卒業生でなく、公募で選ぶ場合もあります。
その時は20代〜30代前半です。


「魔法学校」
各国にありますが「魔法学校」とだけ呼ばれるのは
レニアム国の魔法学校だけです。
世界一のレベルの生徒が集まり、3年間じっくり学びます。
入学年齢は13歳から16歳ぐらい(その生徒のレベルで)。
「姫候補」や「ガーディアン候補」はこの学校から選ばれます。
(ガーディアン候補に対しては例外あり。
上のガーディアンのところに書かれています)


「姫」
レニアム国で「姫」と呼ばれる存在はこの世界で尊い存在。
祈りの力で世界を支えているからです。
ガーディアンのように任期はバラバラで
長く姫を務める人、短い人もいます。
「姫候補」は魔法学校の最終学年から選ばれます。


「魂の色」
この世界の人たちには魂に色が存在します。
力(魔法力)がないと見えないのですが
見える人にははっきりその違いが分かります。
明るさだったり、端に違う色が混ざったり
違いがあり、その人を見分けるのにも役立つようです。